2017年 01月 18日 ( 1 )

中味

e0330790_12545977.jpg

お雑煮をきっかけに身近な人に、お雑煮の中味や出汁の事を聞いたりしています。

同じ福岡でも中味や出汁が違ったりと
面白いです。
海に近い所の出身の人は海のものが多いわけでも、なく…

一番に感じた事は、博多雑煮がボリュームがあるということ。(もしくはわたしが食べてきたお雑煮が量が多いのか。)
お餅は丸餅二個が基本で、お雑煮用のお椀もあります。
おせちのお供の汁物感覚ではなく、初めにお雑煮を頂いてから、おせちをちょっとつまむ。
そして、中味も毎年同じものを揃えます。
ぶり、焼き豆腐、かまぼこ、干し椎茸、かつお菜。
出汁は、あご、干し椎茸、昆布。
これに、スルメと昆布を細く切ったものを加えます。

お雑煮の味には特にうるさい、母と祖母。
一番の師匠ですね。(今回のお雑煮もちゃんと出来たのかと、何度も聞かれました。)

これからも、出汁を使ったお料理を勉強していきたいと思います。
何より、博多っ子は、お雑煮熱が熱いように感じました。笑。
[PR]
by niihara5318939 | 2017-01-18 12:15